お金を貯めたいのに貯まらない人必見!我が家の節約術

なかなかお金が貯まらない!貯金が出来る秘訣とは?

年間いくら貯金したいと目標を決めて節約していても、なかなかお金が貯まらないことにストレスを感じていませんか? そこで貯金するための秘訣をまとめてみましたので、一緒に楽しく貯金しましょう♪

まずは目標額を決める!

やみくもに貯金といっても、目標金額がないとやる気になりませんよね。 まずは、「いつまでにいくら貯める」そして、そのお金の使い道を決めることから始めませんか。 1カ月後でも半年後、1年後であっても目標を達成したら何をする、と決めることでモチベーションもアップするかと思います。

先取り貯金で貯める!

収入が多いから貯金も出来ているんでしょ、と考えがちですよね。収入の多さは実は貯金額とは比例しないみたいです。 収入が多い人はその分税金を取られていたり、浪費癖があったりします。もちろんない人もいらっしゃいますが。 賢く貯めている人の多くは先取り貯金、つまり給料が入ったら一番最初に貯金をする、あるいは別口座に入れるといった振替や積立を実践している場合が多いようです。 これらは「定期預金」のため、自由にお金を引き出すことはできずに、その不便さが貯金には手を付けないでおこうと思わせたり、残りの収入で1か月を過ごそうという意識につながります。 初めから、「お金が残ったら貯金に回そう」という考えで1か月を過ごしてしまうと、残らないケースの方が多くなってしまうので、先にお金を選り分けてしまうことが大切です。 たとえ今のお給料から2~3万円ほど給料天引きでの定期預金に回しても生活に問題はないはずですが、つい不安になってしまって天引きではなく、余ったお金を貯金に回そうとか食費や交際費などを削ろうと考えがちですので、まずは考え方を見直し先取り貯金を始めてみませんか。

固定費節約で貯める!

家賃や光熱費、ローンや通信費などなど毎月決まった額で発生する「固定費」は一度見直せば節約効果がずっと続きます。 特に「家賃」は、金額自体がとても大きいので、不動産会社との最初の契約がポイントですし、可能であれば家賃の安い物件に引っ越すなどができれば、年間でかなり大きな削減ができるはずです。 とは言っても、家賃を今更に削減するには至難の業ですので、家計のなかでも住宅費とともに大きな比率を占める「食費」を見直していきたいものですね。 たとえば、週の予算を決め、週末などに1週間分をまとめ買いをしてそれ以外では食費をぜったいに使わないと決めたり、お昼はお弁当を持参したり、お茶はマイボトルにするだけでも毎日100円は確実に浮きますよね。 その他にも携帯のプランを見直してみたり、定期購入しているものも本当に必要か見直すこともおすすめです。 また、生活雑貨はWEB上で探せば同じ商品をより安く購入できたり、ポイントが貯まったりとお得な特典が付く場合もあるのでネット環境も上手く活用したいものですね。

ノーストレスで貯める!

「お金がある」というだけで精神的にも余裕が出来たりしませんか? とはいっても、生活を極限まで切り詰めて貯金したところでストレスが溜まったあげくついつい衝動買いをしてしまうものです。 もちろん節約は大切ですが、貯めるところは貯めるけど、たまにはご褒美や息抜きも必要ですよね。 使っても良い上限額を決めた上で、定期的に自分へのご褒美もあげてノーストレスに貯金したいものですね。